HOME > 院長BLOG > 新型コロナ

院長BLOG

風邪の感染予防なんてできないよ。

2024.03.08 カテゴリー|新型コロナ

風邪ひかない人は、風邪のウイルスに感染しない人じゃなくて、感染しても症状が出ないくらい免疫が強い人だよ。
風邪の感染予防なんてできないよ。

逆に寝たきりの高齢者なんかは免疫力がめちゃくちゃ弱いから普通の風邪でも死んじゃうよ。
新型コロナで亡くなった人も、ほとんどこのクラスタだよ。

だから最初から言ってたじゃん「コロナなんてただの風邪だ」てさ。

あと、風邪は人からうつされなくてもかかるよ。

寒いところに裸でジッとしてたら誰でも風邪引くでしょ。

この場合は、誰かにうつされたのではなく、体を冷やして免疫力を下げたせいで、体の中に元々いたウイルスに負けて発症するんだよ。

コロナ騒ぎのせいで、風邪を引いたときに誰にうつされたか犯人捜しする人が増えましたが、意味がない愚かな行為なので、馬鹿だと思われるからやめたほうがいいですよ。

だって風邪の感染予防なんて出来ないんだから。

子供の命よりコロナ感染対策のほうが優先ですか?

2024.01.15 カテゴリー|新型コロナ

非常に痛ましいニュースがありました。

5歳児亡くした母「何もできなくてごめん」倒れたやかんの湯でやけど 入院断られ容体悪化の末に

https://www.nikkansports.com/general/news/202401100000027.html

翌朝にやけどの再診で内灘町の病院(金沢医大附属病院)に向かうも、発熱者は部屋に入れないと言われ、待機が続く。ようやくストレッチャーに乗せられたが、叶逢ちゃんの呼吸は止まっていた。

やけどをした5歳児が亡くなったことに対して、大地震による非常時で医療体制も整っていなかったため、医療の限界であり仕方がなかったという意見もあります。

万全の医療体制で、最初から入院治療させていたとしても助けられなかった可能性ももちろんあります。ほとんどないと思うけど。

問題は、やけど後に41度もの高熱を出している小児を、熱があるからと部屋に入れないで待機させていたことです。

敗血症や黄色ブドウ球菌トキシックショック症候群(TSS)や川崎病の可能性があるので、現病歴を聞いた時点ですぐに入院させて全身管理をしなければいけなかった状態だったと思います。

それなのに熱があるからコロナの可能性があるから、部屋が開くまで外で待ってろって、それって人間がやることですか?子供の命よりコロナ感染対策が優先ですか?

ここからちょっと口が悪くなります。

コロナごときを怖がって、発熱患者を忌避していることが問題だって言ってるんだよ。
コロナもインフルも共存する以外の選択肢はないんだから、これ以上犠牲者を出す前にコロナ前の医療体制にとっとと戻せと言っているんだよ。

子供を助けるために医者になったんじゃないの?俺はそうだけど、みんなは違うの?

あとね、Twitterにストーブにヤカンをのせていた親が悪いとか書いて、金沢医大を擁護してる医者がいるけど、そのツイートを両親が見てどれだけ精神的なダメージを受けるか想像できないかよ。

俺は子供のヤケドをいっぱい診てるけど、ヤケドの原因について親を批判したり絶対にしないよ。
俺が言わなくても死ぬほど後悔していることがわかっているからね。
治療法と今後の経過について、なるべく優しく説明して、とにかく両親を落ち着かせる。ここ重要だよ。

検査データや画像ばかり見て患者を診てないから、あんなひどいこと書けるんだよ。医学教育の失敗だよ。

今や発熱患者を特別扱いしているのは医療機関だけでしょ。だから「#医者が一番コロナ脳」とか言われちゃうんだよ。(主に俺が言ってるんだけどwww)

すべてのワクチンについて疑ってみる

2023.09.14 カテゴリー|その他の治療について, 新型コロナ

これまでずっとワクチンは絶対正義だと教わってきました。

私はへそ曲がりなので、「インフルエンザワクチンて効いてなくね?」「HPVワクチンてあやしくね?」と思っていましたが、その他のワクチンに関しては疑うことなく「やったほうがいいに決まっている。」と考えていました。ワクチンは絶対正義で思考停止していたのです。

なので、自分の娘たちには子供のころの定期接種のワクチンは全部打たせました。

 

しかし、今回のコロナワクチンでワクチンに対する不信感が激増しました。なので一度、他のワクチンについてゼロベースで疑ってみることにしました。

 

私はずっと天然痘の撲滅はワクチンのおかげだと信じ切っていました。でも最近、そうではないという説もあることを知りました。実際に天然痘ワクチンを接種した人は世界人口の数%だけだったそうです。

確かに、①ヒトにしか感染しないウイルスである。②特徴的な症状があり患者の隔離が容易である。の2つの条件が揃っていれば、ワクチンがなくても患者さんを隔離するだけで撲滅可能です。

どうやら天然痘撲滅はワクチンのおかげではないという説は事実のようです。

私たちはずっと騙されてきたのです。

 

下のグラフを見てください。

破傷風の患者数も死者数も破傷風トキソイドが導入される前から減り始めてるし、定期接種が始まる頃にはすでにかなり減少しています。
患者数が減った理由は出産時の衛生環境がよくなって新生児破傷風が激減したことや、怪我をした際の洗浄やドレナージなどの処置が適切に行われるようになったからではないと推測してます。
グラフを見る限りワクチンのおかげで患者が減ったとは言い切れないですよね。
もう何を信じていいのわかりません。

とはいえ、今後も破傷風菌に汚染された可能性がある深い創の患者さんに対しては、破傷風トキソイドのブースター接種をするつもりです。もし、患者さんが破傷風になってなくなってしまって、訴えられたら100%負けるからです。そうです。ぶっちゃけ保身のためです。

 

麻疹に関しても同じようなグラフがあります。

日本においては麻疹の予防接種が始まる50年前から麻疹による子供の死亡率は激減していています。

これはおそらく抗生剤の登場で麻疹に伴う合併症の重症肺炎を治せるようになったこと、ICUなどでの全身管理の医療技術が進歩したおかげだと推測します。

アフリカなどの医療インフラが整備されていない発展途上国では今でも麻疹で亡くなる子供がたくさんいるので、麻疹ワクチンが必要と思われますが、日本でも絶対に必要なのかと言われると返答に困ります。

 

ただ、破傷風も麻疹も風疹も致死率が高い感染症だし、ワクチンの副作用もほとんどないので、打っといた方がいいのかなと考えています。

 

インフルエンザワクチンは効果が微妙ですが、副作用も少ないので打ちたい人は打ってもいいかなと考えています。

 

HPVワクチンの有効期間は6~9年です。ワクチンが効いているであろう15歳から24歳の子宮頸がんによる死亡率は元から10万人中0人です。(国立がんセンター がん統計より)

 

元々死亡率がほぼ0のがんを予防するために、稀に普通の日常生活が出来なくなるような副作用が出るワクチンを打つ必要がありますか?

 

もしも孫が出来たら、定期接種はやっぱり受けさせるのじゃないかと思います。

今のところ、世の中とケンカしてまでワクチンを打たせない断固たる決意がないからです。

HPVワクチンとインフルエンザワクチンとコロナワクチンは受けさせません。

 

ちょっと前までは子供に定期接種を受けさせない親のことを、「変わりものの親を持つと子供がかわいそうだよ。」と思っていましたが、今は違います。それもひとつの選択肢として尊重します。推奨はしませんが批判もしません。

 

これが現時点での私のワクチンに対する感想です。

議論する気はないので反対意見を送ってきても無視します。ご了承ください。

私の学歴自慢

2023.07.28 カテゴリー|その他, 新型コロナ

私の学歴自慢をさせてもらいます。
高校受験で500点満点で490点以上を取って土浦一高に合格。
入学後ひとつも勉強しないでビリから10番まで成績低下。
3年の夏休みから猛勉強して、共通一次は東大にも受かるくらい点数をとるも内申点が悪すぎて筑波大医学部不合格。
内申点を考慮しない福島県立医科大に現役合格。
入学後ひとつも勉強しないでドイツ語で留年。
6年の夏休みから猛勉強して、国家試験は9割以上とって合格。
福島医大整形外科学講座入局。

 

このツイートに対して不織布マスクの専門家のえれこーどさんからコメントをもらいました。

えれこーど@elecord
スイッチのON・OFFがはっきりしていて清々しささえ感じます。OFFの時に学ぶことこそ実は生きる上で大事だったりします。

 

そうですね。
高校のOFF時代は漫画ばっかり読んでいて、ジャンプ放送局の常連の一人でした。(上位には入れませんでしたが)
大学時代は、ゲームばかりやってました。あと飲み会とマージャン。落研の部長もやりました。
役に立っているかどうかはわかりませんが、高校時代の友人は今でも親友です。

 

えれこーど@elecord
コロナ騒動もそうですが、情報があふれる時代になって、与えられたものをこなすことに終始した人は、権威に流されやすいように思いますね。物事を多面的みて自ら考え処理することは、遊びや、趣味、友人関係の中で培われるもののような気がします。最近特に感じています。

 

さすが、えれこーどさん。いいこと言うなあ。

真面目ばかりのやつは視野が狭くてダメだよね。

だから製薬会社や厚労省や医師会の説明を鵜呑みにしちゃう。

眉に唾つけて聞いて、自分で考えなきゃダメだよ。

 

筑波大落ちたおかげで、菊地臣一教授という得がたい恩師に巡り会えたし、なにより妻と出会えました。
留年したおかげで、解剖実習を2回出来たので、外科医としてかなりのアドバンテージになりました。
人生万事塞翁が馬です。

 

劣等生で十分だ~♪

はみ出しものでかまわない~♪

「稀に重症化」する感染症を予防するために「稀に死ぬ」ワクチンを打つメリットって何ですか?

2023.07.13 カテゴリー|新型コロナ

予防接種は健康な人に打つものだから接種後に一人でも亡くなったら接種中止すべき。 それも劇的に効くワクチンならまだしもちっとも効かないワクチンだし、日本の政治家や官僚には間違いを認めて方向転換をする勇気がないんだよ。 グズグズしている間に何人亡くなったと思っているんだ。

このツイートに対して消化器内科を名乗る医師からの反論がありました。

「接種後に亡くなったら」はワクチンが原因で亡くなったら、ということだと思いますが、その定義はどうするんですか?因果関係はどのように証明しますか? 「ちっとも効かない」の根拠は?死亡リスクが低下したというエビデンスがあるからCDCで推奨されているのでは?

私の考えを返信いたしました。

仮にワクチンと無関係だったとしても、ワクチン接種後に体調を崩して亡くなった人がいたら、ワクチンとの因果関係が否定されるまで接種を中止するべきと考えています。
かつて破傷風の年間死者数は1000人以上でしたが破傷風トキソイドの定期接種が始まって、近年は数名程度まで減りました。
これは破傷風トキソイドの有効性を明らかに示すデータです。
一方、コロナワクチンにそのような明らかなデータはないと思います。
もしあったら教えてください。

この問いかけに対する返答はありませんでした。そりゃそうです。そんなデータは存在しないのだから。

上のツイートに対するまた別の救急医の先生からの感想

コロナはね、破傷風だの狂犬病だのに比べたら雑魚すぎるんよ。「稀に重症化」する感染症を予防するために「稀に死ぬ」ワクチンを打つメリットって何ですか?バカじゃねーのって感じ。自分は病院側にほぼ強制的に打たされたけど、子供には絶対接種しません。

③ 「稀に重症化」する感染症を予防するために「稀に死ぬ」ワクチンを打つメリットって何ですか?

全くその通り!

一言でコロナワクチンの問題点を表しています。

なのでブログのタイトルとして使わせていただきました。

中高生がマスクを外せないのは感染症専門家や馬鹿な医者のせいだよ。

2023.06.30 カテゴリー|新型コロナ

素顔を見せたくない…増える「子どものマスク依存症」どうケアするべき?

https://www.asahi.com/edua/article/14788971

コロナ禍で日常的なマスク着用が続くなか、小学生から高校生の子どもたちに「マスク依存症」のような症状が見られています。中には「素顔を見せたくない」と人前でかたくなにマスクを外さない子もおり、将来的な影響が懸念されます。顔にまつわる心理などを研究する中央大学文学部心理学研究室教授の山口真美さんにマスク依存症の子どもに対するケアを聞きました。

 

自分の見た目を最も気にする年頃に3年以上もマスクを強制されていたら、外せなくなるのは当然です。

あんな紙ペラに感染予防効果があると強弁して、子供たちにマスクを強制した感染症専門家や馬鹿な医者たちの罪は重いです。

いまだに罪を犯した自覚もないようですけどね。

 

私はこの3年間ほぼノーマスクですが、それはもう十分におじさんで、いまさら自分の見た目を気にしてないからです。見た目なんかより自分の能力や実績に自信があるからです。

私は中高生の頃、先生に言われても自分で意味がないと思ったことはやらないで、親が何度も学校に呼び出されるようなクソガキでしたが、今の時代に中高生だったら、きっとマスクをつけていたと思います。

当時は、たれ目のこととか顔が丸いこととか気にしていたのでマスクで隠していたと思います。(たれ目はマスクで隠せませんがwww)

 

マスクにコロナウイルスのような空気感染するウイルスに対する感染予防効果がないことは、コロナ前は医学的常識でした。

コロナ後もその常識を覆すような論文は出ていません。

そもそも不織布マスクに感染予防効果がないことは、マスクの「使用上の注意」に明記されています。

 

ではなぜ、コロナ騒動の中で子供たちにマスクが強制されるような事態になってしまったのでしょう。

コロナウイルスに対しては世界中の感染症専門家が有効な予防策を打ち出すことが出来ませんでした。

でも、何も出来ないなんて専門家として口が裂けても言えません。

そこで苦し紛れに出した予防策のひとつがマスクです。

科学的根拠が何もないまま、これまでの常識を覆したのです。

そして何より驚いたことは、そのことを疑問に思う医者がほとんどいなかったことです。

それどころか、積極的にマスクをつけるように推奨しました。

その結果、世界中でマスクが強制されました。

日本以外のほとんどの国では、マスクにやっぱり感染予防効果がないことに気がついて、2年前にマスク着用をやめましたが、日本は決断できないままずるずると今年の3月までマスク着用を続けていました。

その間に思春期の子供たちがマスク依存症になってしまいました。

 

馬鹿な医者は今でもマスクを推奨しています。

ほとんどの医療機関で今でもマスク着用を強制していることが何よりの証拠です。

医者が勧めてるんだから、コロナが怖い人はいつまでもマスクを外せません。

大人が外さなければ、子供たちも外せません。

 

まず、感染症専門家と馬鹿な医者たちが、間違いを認めて子供たちに謝罪しないと、子供たちのマスク依存症は治らないと思います。

私がコロナワクチンを打たなかった理由

2023.06.23 カテゴリー|新型コロナ

私が新型コロナワクチンを1回も打たなかった理由は、新型コロナウイルスよりも、長期の安全性が確認されてない新機序のワクチンのほうが怖かった。ただそれだけなんですよね。

接種後3日間も高熱が出るという、急性の激烈な副作用があるワクチンが長期的には安全であるなんてことを信じられる方がどうかしていると思っていました。

コロナに関しては、マスクは感染予防にならないとか、新薬の使用は慎重にとか、予防接種は1人でも死者が出たら接種中止とか、それまでの医学的常識が全部無視されたんですよね。
ほとんどの医者がそれに違和感を感じないで、コロナワクチン打ってマスクをし続けていることに、驚いているし、失望してます。

またコロナ患者が増えてきた本当の理由

2023.06.09 カテゴリー|新型コロナ

最近、またコロナ患者が増えたと騒いでいる人がいます。

私はコロナなんかただの風邪だと思っているので、「風邪の患者が増えたくらいで何を騒いでるんだバーカ!」と思っていますが、コロナかかったら死ぬと思い込んでいるコロナ恐怖症の人にとっては大変なことでしょうね。

コロナ患者が増えてきた理由を、テレビに出たがる医師免許を持っているだけの馬鹿達は「マスクを外す人が増えたから」とか適当なこと言ってますが、第4波も第5波も国民の99.9%がマスクをしているときに発生したことについてどう説明するつもりでしょう。理論に整合性がないんだよね。

 

実は私たちは、またコロナ患者が増えてきた本当の理由を知っています。

まずは下のグラフをよく見てください。

日本のワクチン接種開始時期と日本と世界の患者数の推移を表したグラフです。

もののけ姫のアシタカのような曇りなき眼(まなこ)でこのグラフを見れば、誰でもわかると思います。

そうです!

日本ではワクチン接種がはじまると1ヶ月位してから患者が増えてますよね。

6回目の接種が始まったのって、いつからでしたっけ?

そうそう、5月8日でしたね。

ちょうど1ヶ月前ですね。

つまりはそういうことです。

いまだにコロナを脅威だと思っている人にTwitterでからんでみた

2023.05.29 カテゴリー|新型コロナ

いまだにコロナを脅威だと思っている人にTwitterでからんでみました。

 

新岐阜駅前💉💉💉💉MMMP@89CvKMflYAvbcKg
元の世界に戻す努力とは、マスクを外してノーガードにすることではなく、ウイルスの脅威が無視できるレベルになるまで対策を続けることだと思うんよ

ウイルスは人間の都合なんて一切考えてくれないんよ

 

西堀靖広@ゴルフ大好き整形外科医@borinisi
どんどん弱毒化して新型コロナウイルスの脅威はとっくに無視できるレベルになっていると思いますが、何を脅威に思うかは個人差がありますからね。
私なんかは武漢株の時点でたいした脅威じゃないと思ってました。
それよりも過剰な感染対策による経済的損失を脅威に感じてました。
価値観の違いなので、議論しても無駄ですよね。

 

新岐阜駅前💉💉💉💉MMMP@89CvKMflYAvbcKg
弱毒化→してません(ワクチンの恩恵と肺炎から上気道炎に変わったことによる誤解が大きい気がする
仮に多少弱毒化してるとしても感染率が高くなってるので、重症患者の数としては増えてます

そしてタチが悪いのが後遺症

 

西堀靖広@ゴルフ大好き整形外科医@borinisi
新型コロナウイルスがこれから先これ以上弱毒化することはないし消えてなくなることもないので、永遠に脅威に震えていてください。
私たちは元の日常に戻ります。
人生は一瞬です。
小さな脅威にいちいち怯えている暇なんかありません。
これも価値観の違いなので、議論しても無駄ですね。
arles324@arles324
価値観の問題ではなく
科学的思考ができるかできないかの問題だと思います
コロナはただの風邪とか
コロナはもう終わったとか言う人は
科学的思考ができない人です
西堀靖広@ゴルフ大好き整形外科医@borinisi
なるほど、私は科学的思考ができてないようですね。
では、どのような状態になったら「コロナはもう終わった」といえるのでしょうか?
ご教示をお願いいたします

 

この問いかけに対する返事はありません。

「コロナがゼロになったら」と答えたら以下のブログを見せてあげるつもりでした。

でも、価値観が違うので議論しても無駄ですよね。

 

風邪で死ぬくらい長生きできたら大往生じゃん。

風邪で死ぬくらい長生きできたら大往生じゃん。

2023.05.19 カテゴリー|医療に関する迷信, 新型コロナ

まずは、尊敬する萬田先生のツイートを紹介します。

 

萬田緑平@ryokuhei
癌にならず、脳卒中や心筋梗塞にならず、高齢になるまで大病せずに生きられたら、、食べられなくなり、動けなくなり、弱っていって、最後は風邪(コロナで)亡くなる。これが老衰だ。コロナやインフルなどの風邪で真に元気な人は死なない。風邪で亡くなるという事は、そこまで弱るまで生きられたという事

 

医者も含めて多くの国民がこの真理を理解してないから、コロナ程度の感染症で大騒ぎしちゃったんだよね。
人間は年取って弱ったら風邪をひいただけで死ぬの。
風邪で死ぬくらい長生きできたら大往生じゃん。

 

コロナウイルスが撲滅されるまで感染対策を続けようなんて寝言をいまだに言っている人がいますが、人間が撲滅できたウイルスは天然痘ウイルスだけだよ。

天然痘ウイルスには、

①終生免疫が得られるワクチンがあった。

②感染者に特徴的な症状がでるため患者の隔離が容易だった。

③変異しないウイルスだった。

という3つの条件がそろっていたから撲滅できたんだよ。

コロナウイルスにはひとつも当てはまらないですよね。

よってゼロコロナは100%不可能なんです。

 

だいたいね。みんな、医学を買いかぶりすぎてますよね。

人体はまだまだブラックボックスだし、ほとんどの病気は老化が原因だから、医学が出来ることなんてほんの少ししかないですよ。

 

「ドクターX」みたいな手術で何でも治しちゃう医療ドラマが流行っているから、みんな医学に夢を見過ぎちゃうんだよね。

その昔、「ブラックジャック」に対して、医師から「嘘ばっかり書くな」と批判されたとき、手塚先生は「これは医療漫画ではなくSF漫画です。」と答えたそうです。

当の医者も含めてみんなSFと現実の区別がつかなくなってるんだよ。

最近の記事

  • 2024.04.16|
    Warning: Attempt to read property "name" on array in /home/nishibori-seikei/www/cms/wp-content/themes/nishibori/taxonomy-sort.php on line 103

    Warning: Attempt to read property "name" on array in /home/nishibori-seikei/www/cms/wp-content/themes/nishibori/taxonomy-sort.php on line 103
    ,
    全国4位でした。
  • 2024.04.02|
    Warning: Attempt to read property "name" on array in /home/nishibori-seikei/www/cms/wp-content/themes/nishibori/taxonomy-sort.php on line 103

    Warning: Attempt to read property "name" on array in /home/nishibori-seikei/www/cms/wp-content/themes/nishibori/taxonomy-sort.php on line 103
    ,
    紅麹は濡れ衣じゃね
  • 2024.03.11|
    Warning: Attempt to read property "name" on array in /home/nishibori-seikei/www/cms/wp-content/themes/nishibori/taxonomy-sort.php on line 103

    Warning: Attempt to read property "name" on array in /home/nishibori-seikei/www/cms/wp-content/themes/nishibori/taxonomy-sort.php on line 103
    ,
    加圧トレーニングをやめて良かったこと
  • 2024.03.08|
    Warning: Attempt to read property "name" on array in /home/nishibori-seikei/www/cms/wp-content/themes/nishibori/taxonomy-sort.php on line 103

    Warning: Attempt to read property "name" on array in /home/nishibori-seikei/www/cms/wp-content/themes/nishibori/taxonomy-sort.php on line 103
    ,
    風邪の感染予防なんてできないよ。
  • 2024.03.04|
    Warning: Attempt to read property "name" on array in /home/nishibori-seikei/www/cms/wp-content/themes/nishibori/taxonomy-sort.php on line 103

    Warning: Attempt to read property "name" on array in /home/nishibori-seikei/www/cms/wp-content/themes/nishibori/taxonomy-sort.php on line 103
    ,
    患部をちゃんと見て、触って、目を見て説明する。それが一番大事。

カテゴリー

月別アーカイブ