HOME > 院長BLOG > トリガーポイント注射

院長BLOG

整形外科はレントゲン撮って湿布がでるだけだからかかっても無駄

2024.05.27 カテゴリー|トリガーポイント注射

先日のコンペでご一緒した社長さん。
片方の首から背中から腕にかけて痛みとしびれがあるのですが、看護師の奥さんから「整形外科はレントゲン撮って湿布が出るだけだからかかっても無駄。」と言われてるので、整骨院に通っているそうです。
触診させてもらったら棘下筋の筋痛症でした。
整骨院でもそう言われているそうです。
筋痛症を知らない整形外科から筋痛症を知っている整骨院に患者が流れてしまうのは仕方がないことですね。
MRIが登場してから整形外科はどんどん間違った方にすすんでいる気がします。(骨折や外傷の治療を除く)

私が整形外科医になりたての頃のベテラン整形外科医は、触診して「ばあちゃん、これは筋の痛みだよ。痛い筋に注射してやっかんな。」と説明して、局所麻酔薬を筋肉の圧痛部に注射していました。

ところが、MRIが登場したことにより、今までみつけられなかった構造上の異常が見つけられるようになりました。人間は誰しも見えないものよりも見えるものに信じたくなるものです。

痛みと関係ない構造上の異常を見つけて、それが原因だと決めつけるようになりました。(椎間板ヘルニア、半月板損傷、腱板損傷、関節唇損傷など)

そして目に見えない筋の痛み(筋痛症)は、その存在さえ忘れされてしまいました。

結果、整形外科医は「レントゲンと撮って湿布を出すだけだからかかっても無駄」な存在になってしまいました。

嘆かわしいことです。

 

寝違えは棘下筋の筋痛症

2024.05.13 カテゴリー|トリガーポイント入門, トリガーポイント注射

寝違えは、棘下筋の筋痛症です。
棘下筋にトリガーポイント注射をすれば治ります。

マッサージをしたり温めたりしても良くなります。


棘下筋にトリガーポイントができると、首が動かせなくなったり、腕がしびれたりします。
理由はわかりません。
人体なんてわからないことばかりです。

日本整形外科学会のウェブサイトの寝違えについてページでは、棘下筋について一言も触れておらず、見当違いで意味不明瞭な説明に終始しています。

https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/sprained_neck.html

整形外科医は、運動器の専門と自称しながら筋肉を診れないので、画像所見で骨や軟骨や靱帯などに異常がないと診断が出来ません。

だから、寝違えや肩こり、ぎっくり腰などのありふれた病気なのに画像所見に異常がない疾患については、説明も治療もうまく出来ないのです。

わからないのに、わかったつもりでいる偉い先生が書いたガイドラインより、目の前の患者に起きている現象と自分の経験のほうが大切だと、私なんかはそう思います。

坐骨神経痛は「けつこり」

2024.05.13 カテゴリー|トリガーポイント入門, トリガーポイント注射

みんながよく言ってる坐骨神経痛。
そんなのねえから。
ほとんどが中殿筋や小殿筋の筋痛症だよ。
例えるなら「けつこり」。

小殿筋にトリガーポイントが出来ると、おしりから太ももとふくらはぎの外側にかけて痛みとしびれがでます。

中殿筋にトリガーポイントが出来ると、おしりから太ももとふくらはぎの後ろ側にかけて痛みとしびれがでます。

坐骨神経の走行に沿って痛みが出るので坐骨神経痛と言いますが、坐骨神経が痛くなっているわけじゃありません。

本当の神経痛なんて、帯状疱疹後神経痛以外ほとんどありません。

皆さんが神経痛だと思っている痛みのほとんどが、筋肉に出来たトリガーポイントが原因の筋痛症なのです。

だからトリガーポイント注射をすれば良くなります。

トリガーポイント注射以外でも、マッサージをしたり温めたりすれば筋肉のこりがほぐれて良くなります。

 

遠すぎて当院に通えない患者さんは、筋痛症のことが全然わかってない画像診断して薬を出すだけの整形外科にかかるより、筋痛症の勉強をしていて患部を直接治療してくれる接骨院に行ったほうが良くなる可能性が高いと思います。

 

全国4位でした。

2024.04.16 カテゴリー|トリガーポイント注射

昨年度のネオビタカイン注シリンジ5mLの使用量が、全国4位でした。

ネオビタカイン注シリンジ5mLはトリガーポイント注射専用の局所麻酔薬です。

大げさに言えば、全国で4番目にトリガーポイント注射をしているということです。

ちなみに当院より上位の医療機関には複数の医師がいるようなので、一人でトリガーポイント注射をしている数では全国一位かもしれません。

ゴルフでも何でも、たまにやる人より毎日のようにたくさんやっている人のほうが上手でしょ。

なのでトリガーポイント注射には自信があります。

半月板損傷はだいたい大腿筋痛症

2023.12.11 カテゴリー|トリガーポイント注射

50代の男性

2年前にソフトボールをしていて地面に膝あたりを強打してから左膝痛が出現しました。

某総合病院でMRIを撮って半月板損傷と診断されました。

その後も症状が改善しないため別の総合病院でMRIを撮り直したら半月板損傷じゃないと言われました。

医師の指示通りにリハビリを続けていましたがよくならないので、当院を受診しました。

 

大腿四頭筋内側広筋の筋痛症でした。

トリガーポイント注射1回で日常生活での痛みは消えました。

2回目で運動時の痛みも軽減しました。

 

他院で半月板損傷と診断されている患者さんはだいたい大腿四頭筋か腓腹筋の筋痛症です。

トリガーポイント注射でだいたい治ります。

ハイドロリリースをやるつもりはありません

2023.12.01 カテゴリー|その他の治療について, トリガーポイント注射

日本整形外科学会から筋膜ハイドロリリースが保険適応申請されています。

その点数2876点、トリガーポイント注射80点の36倍です。

こんなに差があったら、馬鹿馬鹿しくてトリガーポイント注射なんかしてらんないよ。

エコー見ながら生理食塩水注射するだけで28,760円も儲かるなんて、いい仕事だな。

そんな私のつぶやきに対して、滋賀県でトリガーポイント注射をしている松本道明先生が慰めてくれました。

松本道明@michiaki_m
先生、患者負担も増えるわけですから、医療界のダイソーとして薄利多売で一緒に頑張りましょう

😉西堀靖広@ゴルフ大好き整形外科医@borinisi
他院で1人にハイドロリリースしてる間に36人にトリガーポイント注射をすればいいだけですね。
がんばります。

松本道明@michiaki_m
はい、安い、うまい、早い、吉野家の精神で行きましょう😆

10箇所以上トリガーポイントがあるような患者さんがいてはったら、いちいちエコーしてられへんとおもとります(ブギウギ風)

松本先生は本当に尊敬できるいい先生だな。

近畿地方で慢性痛に悩んでいる方は松本先生に診てもらうといいですよ。

https://matsumoto-seikei.net/

 

そもそもハイドロリリースに3万円近く支払うほどの効果があるのかという素朴な疑問もあります。

痛みの原因が筋膜の癒着であるという仮説は証明されていませんし、生食を注入することで本当に筋膜の癒着が剥がれるのかどうかも証明されていません。
仮説に仮説を重ねた不完全な治療です。コロナワクチンのような危険性はありませんが値段に見合った効果は期待できないと私は思っています。

私の記憶ではハイドロリリースを始めたのは、それまでトリガーポイント注射をしていた群馬県の麻酔科医です。

それに整形外科開業医にエコーを売りたかったエコーメーカーが乗っかって、しきりにアピールして広がったのです。

整形外科医なら実際に手術をする際に筋膜の癒着なんて見たことないはずなのに、みんなあっさりその仮説を信じました。

やっぱり医者って騙されやすいのです。あまり頭が(以下自粛)

ただ、これは保険適応申請しただけなので、審議会で認めて貰えなければ保険適応外のままです。

財務省も厚労省も社会保険料の削減を目指していますので、こんな怪しい治療が保険適応になることはないと思っています。

保険適応になってもやるつもりないけどね。患者さんがいっぱいでそんな時間ないもん。

それはあまりにひどい侮辱だよ

2023.10.17 カテゴリー|その他, トリガーポイント注射

60代の男性

2年くらい前に、右殿部から下肢の痛みを主訴に当院を受診しました。

殿部から下肢、膝の筋痛症と診断してトリガーポイント注射を3回行いました。

それっきり受診しませんでしたが、先日超久しぶりに再診してきました。

ここに通っても良くならなかったから、I病院でMRI等をしたけど異常がなくどこも悪くないと言われた。仕方ないからT整形外科に行ったけど、そこでも異常なしと言われた。だから、N病院に行ったら変形性膝関節症かもしれないと言われた。変形性膝関節症かどうかC病院で診てもらいたいから紹介状を書いてほしい。

と言われました。

唖然としました。

「ここに通っても良くならなかったから」の時点でちょっと切れかかりましたが、「紹介状を書いてほしい。」で完全に切れてしまいました。

それでも声は荒げずなるべくやさしく、以下の様に説明してお断りしました。

「○○さんにはわからないのかもしれませんが、それは私に対するあまりにひどい侮辱です。○○さんはたった3回の通院で私のことを見限って、他の病院に行ったんですよね。で、今度は私の診察も治療も受けないで紹介状を書けというんですか、それはあまりにひどい。私の整形外科医としてのプライドがズタズタに傷つけられました。紹介状というのは、私が診察と治療をして、大きい病院で精査を受けたほうがよいと考えたときに書くものです。いきなり書いてくれといわれても書けません。どうしてもC病院にかかりたいなら変形性膝関節症かもしれないと言ったN病院の先生に書いてもらうべきです。それがスジです。なので私は紹介状は書けません。」

理解も納得もしてなさそうでしたが、あきらめて帰られました。

 

そもそもドクターショッピングしすぎですよね。

テレビの健康番組の見過ぎで、痛みには何か重大な病気が隠れているはずだという思い込みがあり、異常をみつけてくれる病院を探し回っているのでしょう。

最初の最初に私がした「筋肉が硬くなっているせいの痛み」という説明は、理解も納得できなかったのでしょう。

それも、歩けないほど痛いならまだしも、普通に歩けて仕事も出来てるんですよ。

つけるクスリがありませんよ。

愛媛県から内科の先生が見学に来てくれました。

2023.08.14 カテゴリー|その他, トリガーポイント注射

7月30日(日)に、はるばる愛媛県から若い内科開業医の先生がトリガーポイント注射の勉強のために当院に見学に来てくれました。

後輩に技術を教えることは大好きですが、久しぶりなので緊張しました。月例杯の朝イチのティーショット前よりドキドキしました。

おまけに職員が一人体調不良で休みだし、今日の日曜外来がてんやわんやになりそう不安でしたが、ごじゃっぺな患者さんが一人も来なかったのでスムーズに診療できました。ご協力ありがとうございます。

すごくよく勉強している熱心な先生でした。 幸い、腰痛、肩こり、膝痛、五十肩などちょうどいい感じでトリガーポイント注射希望の患者さんが来てくれて、トリガーポイントの見つけ方や注射の仕方を見てもらえてよかったです。 少しは役に立てたかなと思います。

トリガーポイント注射を学びにきてくれた医師は今回で二人目だけど、二人とも内科の先生でした。 整形外科医からは問い合わせや質問すらないよ。

そのうち痛みの患者さんが整形外科より内科に集まる日が来ちゃうかもね。

「整形外科に行ってもレントゲンとMRIを撮って、薬を出してくれるだけで、注射どころか触診もしてくれないよ。あそこの内科の先生にかかれば、注射してすぐに治してくれるよ。」なんて言われちゃったりしてさ。

話は変わりますが、俺は研修医の頃からわからないことはどんどん先輩に聞いていたし、後輩の質問にはその場で答えていました。
「自分で調べろ」とか言ってくる先輩は、その場で教えられるだけの知識や能力がないか、教える気がないかのどちらかですよ。どっちにしろあまり頼りにならない人だから、他の人に聞いた方がいいですね。

ノーマスクの笑顔が当院の自慢です

2023.02.16 カテゴリー|その他, トリガーポイント注射, 新型コロナ

60代の男性

腰痛と下肢痛があり他院でMRIを撮りヘルニアと言われ、リリカ、セレコックス、トラムセットが処方されました。痛みはよくなりましたが、薬をたくさん飲んでいることや今後の経過に不安があるため知人の紹介で当院を受診しました。

ヘルニアは痛みと関係ないこと、痛みが取れているなら現在の主治医も薬を減らしてくれるだろうこと、もし痛みがぶり返したらトリガーポイント注射で治療可能なことなどを説明しました。

注射もせず、薬も出さず、話を聞いて私の考えを伝えただけでした。

このようなケースでは「にしぼり整形外科に行ったけど何もしてくれなかった。」と他所で文句を言う人もいるので心配でしたが、全く逆にお礼のメールを頂きました。

素敵なお礼のメールだったので、ここで紹介させていただきます。

 

昨日そちらでお世話になったHさんと伺ったSと申します。
Hさんの近所に住んでいます。

今回昨日のお礼を伝えたくて、メールしました。
お時間ある時にでも読んで頂けたら嬉しいです。

こちらの病院は先生のブログで知りました。
いつか伺えたらと思ってまして、長年腰痛持ちの夫や、Hさん夫婦にももちろんブログやこちらの病院のこと、話していました。

今回Hさんがひどく弱ってしまったため、もうここまで来たらきちんと診てもらった方がいいと思うと話し、実は当日の診察予定をキャンセルしてもらって、一緒に伺うことができました。

私は先生のお顔はちらっと拝見して、きちんと患者さんたちと向き合ってらっしゃるんだなと感じました。
そして何より嬉しかったのは、受け付けの皆さんの笑顔でした。

私はすっかりこの光景を忘れていたんだなと、改めて思いました。病院に入る前に、外から皆さんの笑顔に気が付き、ああ、きっと大丈夫、って思いました。

Hさんもとてもほっとしたようで、帰りの車中はとても穏やかで、朝の様子とはぜんぜん違っていました。

帰って夫に話すと、「もうHさん、半分治ったよね」と。私もそう思いました。

先生、そして病院で働いてらっしゃる皆さま、昨日はありがとうございました。Hさんはもちろん先生に、私は皆さんの笑顔にたくさんの元気を頂きました。

皆さんがそちらで明るい笑顔でいらっしゃると知れて、もちろん腰が痛くなったり、しんどくなった時は見て頂けるところがあるんだ、と分かって、とても嬉しいです。

夫も痛みがひどくなった時、お願いしようと話しています。その時はどうぞよろしくお願い致します。
たくさんのお礼を込めまして、またこのメールに目を通して下さいまして、ありがとうございます。

今日も皆さまが穏やかにお仕事できますように願っています。ありがとうございました。

 

ノーマスクの笑顔が当院の自慢です。

患者さんには笑顔で接する。コロナ前では当たり前のことでした。

コロナ前はマスクをして接客すること自体が失礼に当たることでした。

なんかみんな忘れちゃったんだよね。

ニワトリじゃないんだから思いだして欲しいよ。

 

ぎっくり腰は温めた方がいいよ。

2023.02.07 カテゴリー|トリガーポイント注射

たまたま見ていたNHKの健康番組でどっかの大学の教授が「ぎっくり腰は筋肉の炎症だから冷やした方がいい」と頓珍漢なことを断言していました。

筋肉の炎症って何?膠原病の皮膚筋炎みたいなやつ?

違いますよ。ぎっくり腰は腰やお尻の筋肉(大腰筋や中殿筋)に出来たトリガーポイントが原因です。

トリガーポイントは筋肉の痙攣が原因できます。

筋肉の痙攣なので温めた方が早く治ります。

温めのお風呂にゆっくりつかるのがおすすめです。ホッカイロで温めてもいいです。ホットカーペットの温度をマックスまで上げてその上に仰向けに寝るのもけっこう効きます。

まあでも、トリガーポイント注射しちゃったほうが全然早く治るけどね。

俺は自分自身で10回以上ぎっくり腰をしてるからね。ぎっくり腰には相当詳しいよ。

多いときには1日10人以上のぎっくり腰の患者さんを治療してるしね。

大学の教授なんてギックリ腰の治療なんかしたことほとんどないでしょ。

治療の素人が、教科書の古い知識でテレビで断言するなんて、自分で恥ずかしくないのかね。

 

コロナに関しても、普段風邪の患者なんか全然診てない大学の偉い先生が、テレビで頓珍漢なことずーっと言ってた。

だから世界中で1年以上前に終わったコロナパニックが日本だけまだ続いているだよ。

コロナの専門家としてテレビに出てた人の話なんて99%間違ってたもんね。

よくいまだにテレビに出られるよ。面の厚さが半端ねえよ。

 

私はギックリ腰の治療にはかなり自信がありますけどね。

テレビには出ないよ。マスコミが嫌いだからね。

最近の記事

  • 2024.05.27|
    Warning: Attempt to read property "name" on array in /home/nishibori-seikei/www/cms/wp-content/themes/nishibori/taxonomy-sort.php on line 103

    Warning: Attempt to read property "name" on array in /home/nishibori-seikei/www/cms/wp-content/themes/nishibori/taxonomy-sort.php on line 103
    ,
    とにかく検査してほしい患者さんは最初から他所のクリニックに行って欲しい
  • 2024.05.27|
    Warning: Attempt to read property "name" on array in /home/nishibori-seikei/www/cms/wp-content/themes/nishibori/taxonomy-sort.php on line 103

    Warning: Attempt to read property "name" on array in /home/nishibori-seikei/www/cms/wp-content/themes/nishibori/taxonomy-sort.php on line 103
    ,
    整形外科はレントゲン撮って湿布がでるだけだからかかっても無駄
  • 2024.05.13|
    Warning: Attempt to read property "name" on array in /home/nishibori-seikei/www/cms/wp-content/themes/nishibori/taxonomy-sort.php on line 103

    Warning: Attempt to read property "name" on array in /home/nishibori-seikei/www/cms/wp-content/themes/nishibori/taxonomy-sort.php on line 103
    ,
    寝違えは棘下筋の筋痛症
  • 2024.05.13|
    Warning: Attempt to read property "name" on array in /home/nishibori-seikei/www/cms/wp-content/themes/nishibori/taxonomy-sort.php on line 103

    Warning: Attempt to read property "name" on array in /home/nishibori-seikei/www/cms/wp-content/themes/nishibori/taxonomy-sort.php on line 103
    ,
    坐骨神経痛は「けつこり」
  • 2024.04.23|
    Warning: Attempt to read property "name" on array in /home/nishibori-seikei/www/cms/wp-content/themes/nishibori/taxonomy-sort.php on line 103

    Warning: Attempt to read property "name" on array in /home/nishibori-seikei/www/cms/wp-content/themes/nishibori/taxonomy-sort.php on line 103
    ,
    コロナワクチンによる健康被害は、史上最悪の薬害事件

カテゴリー

月別アーカイブ