HOME > 院長BLOG > 湿潤療法

院長BLOG

医者はウソつき

2023.01.06 カテゴリー|トリガーポイント注射, 湿潤療法

湿潤療法の夏井先生の名言を勝手に転載

 

 「医者はウソつき」は正しいです。勉強熱心な素人は熱傷専門医より正しい最先端の知識を持っています。だって、自分(あるいは子どもや親兄弟)の体がかかっていますから。一方、医者は勉強しなくても食っていけます。十年一日の如き治療をしていてもそれに疑問を持たない患者は来てくれますから。 でも、素人に「先生はこんなこともご存知ないのですか?」と言われると「素人風情が何をいうか!」と激怒し、喚き散らします。そして「そんな治療はインチキだ」と嘘を付きます。知らないと言えないからです。だから「知らない」といわずに「インチキだ」というわけですね。

 

 夏井先生はご自身の専門である熱傷治療について書いていますが、他の疾病についても同じことが言えると思います。

 

 例えば腰痛について、ほとんどの整形外科医は教科書やガイドラインに書いてある通りの診断と治療をします。しかし、教科書やガイドラインに筋筋膜性疼痛症候群については書いていないので、画像所見に異常が無い腰痛や画像所見とは無関係な腰痛の原因がわかりません。わからないからとりあえず痛み止めだけ出す。「良くならないからトリガーポイント注射をしてくれ」と患者さんから言われても、やり方がわからないから出来ない。でも出来ないとは言えないから、「素人風情が何をいうか!」と激怒し、喚き散らします。そして「そんな治療はインチキだ」と嘘を付きます。出来ないと言えないからです。だから「出来ない」といわずに「インチキだ」というわけですね。

創傷被覆剤の使い分け

2022.12.09 カテゴリー|湿潤療法

先日、栃木県の幼児が大やけどをして当院を受診しました。

当院に来る前に「なついキズとヤケドのクリニック」の夏井睦先生にメールで相談していたそうです。

患児のお母さんが夏井先生に「にしぼり整形外科なら通いやすいのですが?」と質問したところ「西堀先生は私の一番弟子なので安心して通ってください」と返事をもらったそうです。

「夏井先生の一番弟子」

いい響きですね。

ちなみに私は夏井先生といっしょに働いたことはなく、湿潤療法をしている医師に登録したのも100番目だったので、一番弟子というのは夏井式湿潤療法を一番理解実践している医師という意味だと捉えています。

そんな一番弟子の私が実践しているヤケドや創の治療の際の創傷被覆剤の使い分けを提示します。

 

出血している創→ヘモスタパッド

滲出液が多い創→ズイコウパッド

滲出液が中等度の創→プラスモイストDC

滲出液が少ない創→ハイドロコロイド

褥瘡→穴あきポリ袋

過剰肉芽→マイザー軟膏+プラスモイストDC

 

だいたいこんな感じですね。

あとは経験と勘で少しずつ変更してます。

受傷直後は1~2日に1回通院してもらって、1週間位して創が落ち着いたら自宅で自分で処置してもらって週1~2回通院してもらいます。

創部感染の危険がほぼない浅い傷の場合は、処置のやり方を教えて創傷被覆剤を渡して、「1週間たっても治らなかったらまた来てね」と説明して帰します。

コロナワクチンを受けた中学生男子の膝の怪我が治りにくかったよ

2022.03.25 カテゴリー|新型コロナ, 湿潤療法

今年になってから、膝の怪我をした中学生男子が3名来院しました。

 

1人は工作をしていてカッターで膝を3㎝ほど切ってしまった中学生男子です。きれいな切り傷なのできれいに縫合して通常通り1週間後に抜糸をしましたが、創が癒合せず開いてしまいました。元気な中学生男子のきれいな切り傷が癒合しなかったことなど、今まで経験がありません。創は開きましたが深さは3ミリほどだったので、湿潤療法をすれば5日くらいで治ると思いましたが、創が塞がるのにそれから2週間以上かかりました。

 

もう1人は、自転車で転んで膝を擦りむいた中学生男子です。ちょっと深めのすり傷でしたので湿潤療法で全治2週間くらいだろうと考えていましたが、なかなか新しい皮膚が出来ず創が治癒するまでに1ヶ月以上かかってしまいました。

 

もう1人も自転車で転んだ中学生男子です。がっつり皮膚が切れてしまったので、某病院の救急外来を受診してそこで洗浄と縫合してもらいましたが、その後で創の痛みがひどくなり翌日当院を受診しました。創がパンパンに赤く腫れて熱を持っていたので、創部感染と診断してすぐに局所麻酔下に抜糸して創の中を再度洗浄し抗生剤投与を開始ししました。あとは無理に縫合せず、湿潤療法で自然と創が塞がるのを待つことにしましたが、全治3週間くらいと考えていましたが、これまた新しい肉や皮膚がなかなか出来ず創が治癒するまで7週間もかかってしまいました。

 

そして、3人とも創を異常に痛がっていました。通常、切り傷は縫合した翌日には痛みがなくなります。すり傷は創傷被覆剤で傷を覆った時点で痛みがなくなります。創部感染も感染が治まった時点で痛みがなくなるはずです。ところが3人ともいつまで経っても痛みを訴えていました。通常の痛み止め(カロナールやロキソニン)はほとんど効きませんでした。そこで神経過敏状態になっていると診断しノイロトロピンを処方したらすみやかに痛みが取れました。気のせいかもしれませんが、ノイロトロピンを投与してから創の治りも良くなった気がしました。

 

こんな経験は医者になって初めてでした。まるで重症の糖尿病患者さんのように創の治りが悪いのです。もちろん3人とも糖尿病などない元気な中学生です。ほかに何か原因があるのだろうと頭をひねりましたが、なかなか思いつきませんでした。3人の治療が終わる頃にふと、去年までと違うのはコロナワクチンだろうと思いつき、確認したら3人ともコロナワクチンを受けていました。

 

ドイツ研究機関の研究でコロナワクチン由来スパイクタンパクが毛細血管の内皮細胞や、筋線維芽細胞に結合し、感作リンパ球の攻撃を受けて血管炎を起こすことがわかっています。ここからは私の仮説に過ぎませんが、スパイクタンパクにより内皮細胞に攻撃を受けた細小血管が血流障害を起こし、糖尿病患者と同様な細小血管障害を起こしているのではないかと考えています。

 

コロナワクチンは感染予防効果はほとんどなく、重症化予防効果が少しある程度のワクチンです。元々ほとんど重症化しない若者や未成年が打つメリットはゼロです。また若者の特に男性に心筋炎のリスクが高いこともわかっていました。これらの情報はちょっとググればすぐに得られたのに、何も調べず国がすすめるままに右に倣えでコロナワクチンを受けてしまった若者や中高生がたくさんいたことにかなり驚いてとてもがっかりしています。

これ以上の被害者を出さないためにも、若者と未成年への3回目接種と小児への1回目接種はなんとしても阻止しなければいけません。

 

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ