HOME > 院長BLOG > その他の治療について

院長BLOG

破傷風に比べればオミクロンなんて雑魚

2022.02.14 カテゴリー|その他の治療について, 新型コロナ

先日、犬に噛まれた患者さんに「破傷風トキソイドを打たなければならないので、コロナワクチン3回目は2ヶ月くらい延期してください。」と説明したら、ドン引きされちゃっいました。

「破傷風の致死率は50%、オミクロンは0.003%、そもそもコロナワクチンはオミクロンに効きませんよ」と説明したけど、あまり納得してませんでした。まあでも破傷風で死なれたら嫌なので、なんとか説得して破傷風トキソイドを打たせてもらいました。

コロナウイルスは致死的な恐怖のウイルスで、それ以外は雑魚ウイルスだと思い込まされている人がたくさんいて嫌になります。さまざまな感染症をたくさん見てきたはずの医師までがコロナウイルスを怖がっていることに、かなり失望しています。

補足ですが、破傷風トキソイドは3回受けなければ効きません。受傷時と1カ月後と1年後です。子供の時に3種混合ワクチンをきちんとしている人は1回受ければ10年間免疫が維持されます。これが本来のブースター接種です。なし崩し的に追加接種を繰り返すのはブースター接種ではなく在庫整理です。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ