HOME > 院長BLOG > その他の治療について

院長BLOG

最近の若い整形外科医はヒアルロン酸注射もしないらしい

2022.11.28 カテゴリー|その他の治療について

12月14日に私の先輩で、日本一TKA(人工膝関節全置換)をやっている坂下厚生病院副院長の菊地忠志先生がWEBセミナーをやるそうです。

菊地先生は非常に後輩の面倒見のいい先生で、私も何度もTKAのやり方を直接教えていただきました。後輩達はみな、親しみを込めてチュウ先生と呼んでいます。

演題名は「変形性膝関節症に対するヒアルロン酸関節内注射の有効な投与法」です。

担当の科研製薬のMRに「ヒアルロン酸注射なんか誰でも出来るだろう。せっかくチュウ先生に講演してもらうならTKAの話にすればいいのに。」と言ったら、「最近の若い整形外科医の先生達はあまりヒアルロン酸関節内注射をしないんです。菊地先生はアルツ(科研製薬のヒアルロン酸製剤)の使用量も日本一なので、注射のやり方をご伝授いただこうという企画です。」と説明されました。

驚きました。

最近の若い整形外科医はトリガーポイント注射をやらないことはよく知っていましたが、ヒアルロン酸関節内注射もしないんですね。

ということは、問診して画像診断して投薬して、良くならなければ手術ということですか、それじゃダメじゃね。

確かにアメリカなんかではヒアルロン酸関節内注射はプラセボに比べて効果がないという論文が出てますが、痛みは患者個人の不快な情動的経験であって定量的に測定することが不可能なんだから、そもそも論文なんてあてにならないのよ。

私の個人的な経験でいえば、ヒアルロン酸関節内注射が劇的に効く患者さんもたくさんいます。

以前から主張していますが、痛みの治療はプラセボ効果をいかにうまく使うかにかかっているので治療手段は多ければ多いほど良いのです。

注射は接骨院や鍼灸院で出来なくて整形外科だけで出来る治療です。それが出来ないなんて開業したら接骨院に負けて潰れちゃうよ。

ちなみに菊地先生の講演会を聞きたい方は下のQRコードからアクセスしてください。

帯状疱疹ワクチンについて

2022.10.25 カテゴリー|その他の治療について

先日、知人に「最近テレビでやたらとCMをやっている帯状疱疹ワクチンを打った方がいいか?」と聞かれたので、「打たなくていいです。かかったらすぐにうちにきてください。治しますからwww」と答えました。

 

帯状疱疹はかかっても死なないし。
抗ウイルス薬もあるし、神経痛が残ってもリリカで治療可能だし、なるはやで見立てのいい医者にかかることです。
死ぬか重篤な後遺症を残すかしない病気にワクチンはいらないと思うんですよね。
麻疹、風疹、日本脳炎、破傷風などは死ぬからね。ポリオは麻痺が残るしね。

 

帯状疱疹も運が悪ければ失明したり顔面神経麻痺が残ったりすることがありますが、滅多にない後遺症だし、治療が早ければ防げる可能性が高いです。

 

ちなみに帯状疱疹ワクチン(シングリックス)のお値段は2回で21,600円だそうです。

副作用として注射部位の局所症状(赤み、かゆみ、熱くなる、腫れ、痛み、硬くなる)、発疹、倦怠感などが 報告されています。 また非常にまれですが、アナフィラキシー(じんましん、呼吸困難、口唇のまわりの腫れなど)や、血小板 減少性紫斑病(皮下出血、鼻血、歯ぐきの出血など)がみられることがあるそうです。

 

当院では帯状疱疹ワクチン接種は行っていません。

もちろん私も受けるつもりありません。。

LINEで高校の同級生の命を救った話

2022.06.24 カテゴリー|その他の治療について, タバコの害について, 新型コロナ

休診日でこれからゴルフを始めると言うときに高校の同級生からLINEがありました。

正直、親友というほどの仲良しでもなかったし、頭の中はこれから始まるゴルフのことでいっぱいだし、それより何より医療のプロである私にLINEでただで診断をして欲しいという図々しさにちょっとムッときたので、適当にあしらってしまいました。

1ヶ月後くらいに同級生のグループLINEにその同級生からLINEがありました。

循環器内科に行ったら、急性心筋梗塞疑いですぐに救急搬送され、その病院で緊急カテーテル手術を受けたそうです。3本ある心臓の血管のうち2本が詰まっていて、あと半日遅れていたら死んでいた可能性があったそうです。

たった一言で同級生の命を救ったわけです。私の医者としてのセンスの良さが光りまくる結果となったわけです(笑)。たまたまだけどね。

 

この同級生ですが、タバコもアルコールもやらないし、中肉中背で適度に運動もしていて、心筋梗塞の危険因子がひとつも無いんです。このようなケースは非常に珍しいんです。

危険因子についていろいろ考えて一つだけ思いついたので、念のためLINEで教えてあげました。

「もしかしたら心筋梗塞はコロナワクチンの副作用かもしれないから4回目は打たない方がいいよ。」

でも、全く全然ピンときてない感じだった。

主治医でもないし、1円も貰ってないし、大きなお世話だったかもね。

破傷風に比べればオミクロンなんて雑魚

2022.02.14 カテゴリー|その他の治療について, 新型コロナ

先日、犬に噛まれた患者さんに「破傷風トキソイドを打たなければならないので、コロナワクチン3回目は2ヶ月くらい延期してください。」と説明したら、ドン引きされちゃっいました。

「破傷風の致死率は50%、オミクロンは0.003%、そもそもコロナワクチンはオミクロンに効きませんよ」と説明したけど、あまり納得してませんでした。まあでも破傷風で死なれたら嫌なので、なんとか説得して破傷風トキソイドを打たせてもらいました。

コロナウイルスは致死的な恐怖のウイルスで、それ以外は雑魚ウイルスだと思い込まされている人がたくさんいて嫌になります。さまざまな感染症をたくさん見てきたはずの医師までがコロナウイルスを怖がっていることに、かなり失望しています。

補足ですが、破傷風トキソイドは3回受けなければ効きません。受傷時と1カ月後と1年後です。子供の時に3種混合ワクチンをきちんとしている人は1回受ければ10年間免疫が維持されます。これが本来のブースター接種です。なし崩し的に追加接種を繰り返すのはブースター接種ではなく在庫整理です。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ