HOME > 院長BLOG

院長BLOG

運動会なんて大嫌い

2023.05.29 カテゴリー|その他

近隣の小学校は運動会シーズンです。

運動会の練習や本番で怪我をしたちびっ子がたくさん来院しています。

先日、ゴルフのラウンド中に運動会の話になって、「俺は運動神経が鈍くて徒競走は9年間ダントツのビリでした。運動会の前に学校を爆破してやりたいくらい運動会が嫌でした。」て言ったら、「その割にはドライバーが飛ぶね。」と言われたので、「今が成長期なんです。」と答えました。(笑)

正直、運動会には悲しい思い出しかなくて、子供は残酷だから同級生から毎年のように「やあちゃん(当時のあだ名)のせいで負けた。」とか普通に言われて、けっこう傷ついたよ。

誰に言われたか今でも覚えているので、もし患者で来たらわざと痛く注射して、「子供のころから無神経だったから痛くないと思った。」て言ってやるんだ。 冗談だけど。(笑)

風邪で死ぬくらい長生きできたら大往生じゃん。

2023.05.19 カテゴリー|医療に関する迷信, 新型コロナ

まずは、尊敬する萬田先生のツイートを紹介します。

 

萬田緑平@ryokuhei
癌にならず、脳卒中や心筋梗塞にならず、高齢になるまで大病せずに生きられたら、、食べられなくなり、動けなくなり、弱っていって、最後は風邪(コロナで)亡くなる。これが老衰だ。コロナやインフルなどの風邪で真に元気な人は死なない。風邪で亡くなるという事は、そこまで弱るまで生きられたという事

 

医者も含めて多くの国民がこの真理を理解してないから、コロナ程度の感染症で大騒ぎしちゃったんだよね。
人間は年取って弱ったら風邪をひいただけで死ぬの。
風邪で死ぬくらい長生きできたら大往生じゃん。

 

コロナウイルスが撲滅されるまで感染対策を続けようなんて寝言をいまだに言っている人がいますが、人間が撲滅できたウイルスは天然痘ウイルスだけだよ。

天然痘ウイルスには、

①終生免疫が得られるワクチンがあった。

②感染者に特徴的な症状がでるため患者の隔離が容易だった。

③変異しないウイルスだった。

という3つの条件がそろっていたから撲滅できたんだよ。

コロナウイルスにはひとつも当てはまらないですよね。

よってゼロコロナは100%不可能なんです。

 

だいたいね。みんな、医学を買いかぶりすぎてますよね。

人体はまだまだブラックボックスだし、ほとんどの病気は老化が原因だから、医学が出来ることなんてほんの少ししかないですよ。

 

「ドクターX」みたいな手術で何でも治しちゃう医療ドラマが流行っているから、みんな医学に夢を見過ぎちゃうんだよね。

その昔、「ブラックジャック」に対して、医師から「嘘ばっかり書くな」と批判されたとき、手塚先生は「これは医療漫画ではなくSF漫画です。」と答えたそうです。

当の医者も含めてみんなSFと現実の区別がつかなくなってるんだよ。

平日に通院できる患者さんは日曜日に来ないでください。お願いします。

2023.05.02 カテゴリー|その他

4月30日の日曜外来は全部で82人、そのうち新患41人でした。

その結果、従業員に1時間も残業させてしまいました。

残業をしないさせない主義なのに、これだけ新患が多いとさすがに無理でした。

 

医者は私一人なので、正直しんどいです。

脳みそが爆発しそうになります。

駐車場も足りなくて路駐している人もいるみたいです。

完全にキャパオーバーなので、人数を絞るためには日曜日だけ完全予約制する方法もあると思います。

でも、完全予約制にしちゃうと、やけどしたちびっことか、骨折した小学生とか診てあげられなくなるし、どうしたもんかと悩んでいます。

 

そこでお願いです。

日曜外来は、日曜日しか通院できない患者さん、土曜日に怪我をした患者さんのためにやっているので、平日に通院可能な患者さんは日曜日をさけて、なるべく平日に受診してください。

ご協力よろしくお願いいたします。

入り口での手の消毒とかマジで意味ねえから

2023.05.01 カテゴリー|新型コロナ

先日、バーミヤンでラーメン食ってたら、4歳くらいの男の子が、入り口にある手の消毒用のアルコールが目に入って、大泣きしてた。

バーミヤンはずいぶん前から手の消毒もマスクも強制してないのにね。

あの男の子は、物心ついてからずっと、お店に入るときは消毒してたんだろうな。

それが当たり前だと思ってんだろうな。

悲しいね。

かわいそうだね。

 

入り口での手の消毒が感染予防になるという明らかな科学的根拠はありません。

マスクにも、アクリル板にも、黙食にも、自粛にも明らかな科学的根拠はありません。

 

この3年間、科学的根拠がありそうでない感染対策を次々と打ち出し、それによって世間が右往左往している姿を眺めることは、さぞ愉快だったでしょうね。

神様にでもなった気分だったんじゃないですか?

そうでしょう。

感染症専門家さまたち。

コロナなんかより人間らしさを失うほうがよっぽど怖いよ。

2023.05.01 カテゴリー|新型コロナ

先日の夜間救急外来での話
6歳の男の子が発熱を主訴に受診。
家族の希望で車の中で抗原検査して、コロナもインフルも陰性。
私の判断で、診察室に来てもらって普通に診察。
食欲もあって顔色もよかったし、胸の音も喉も異常なしでした。
必要ないかと思いましたが、家族の希望でカロナールを処方しました。

 

それからが驚きの展開!
診察が終わったら、患児はすぐに車に戻されて、薬の説明も会計の説明も電話でしてた。

いやいや、ついさっきまで、俺がノーマスクで診察してたでしょうが。

 

それが現在の標準的な発熱患者の取り扱いなんだろうけどね。
ちょっと熱があるだけの元気に男の子を、そんなばい菌みたいに扱うことに、人としての抵抗はないのかねえ。
俺は、コロナなんかより人間らしさを失うほうがよっぽど怖いよ。

国や専門家が訂正しないから、正常化に反対する人がいると思う。

2023.04.17 カテゴリー|新型コロナ

Twitterでみつけたご意見です。

ねこアレルギー iwai @k_orchestra

国や専門家が訂正しないから、正常化に反対する人がいると思う。

1  空気感染であり、マスクに感染防止効果はない
2  1年以内に何度も感染することはほぼない
3  死亡者数は水増しされている
4  諸外国では1年前にマスクをやめているが、今元の社会に戻っている

 

このツイートをした岩井一也先生は、静岡市立病院で病院感染管理室長を務めていて、コロナ患者を第一線で治療してきた本物の専門家です。

私は、岩井先生のご意見に100%同意します。

さらに付け加えるなら、

5 コロナ死者の平均年齢は日本の平均寿命とほぼ同じかそれより上である

6 ワクチンを含めたすべてのコロナ対策が無駄であり、むしろ出生数を大幅に減らし、超過死亡数を大幅に増やした。

 

元々、コロナなんてただの風邪だよ。

実際にコロナで亡くなった人のほとんどは、まもなく寿命を迎える高齢者ばかりだったからね。

それなのに42万人も死ぬとか適当なこと言って、恐怖を煽りまくって、コロナワクチンで儲けて、コロナ対策の補助金で儲けて、今まで赤字だった病院が軒並み大幅な黒字になるほど丸儲けしました。

 

俺はコロナワクチンにもコロナ診療にもほとんど関わってないから、全然儲けてないよ。

でも、いいんです。

自分の信念を曲げてまで金儲けに走ったら、胸を張って生きていけませんからね。

「偉くなくとも正しく生きる。」それが私の信念です。

手術しないと将来ダルマになる???

2023.04.17 カテゴリー|医療に関する迷信

何でも手術してしまうことで有名な某病院で、たいした痛みもないのに腰部脊柱管狭窄症の手術を受けてきた患者さんに「なんで手術を受けたの?」と聞いたら、「だってよ。手術しないと将来ダルマになるって言われたんだよ。」と答えました。
ダルマになる=歩けなくなる という意味のようです。
画像上、ひどい腰部脊柱管狭窄症があっても普通に歩いている人はいくらでもいます。
なので「手術をしないと将来ダルマになる」は明確に嘘です。
嘘をついて恐怖を煽って、無駄で過剰な治療をする。
金儲けに走っている医者の常套手段です。

コロナでは医療界全体がこのビジネスモデルで丸儲けしました。

 

数値が標準より高いというだけの健康な人にコレステロールを下げる薬を飲ませることも同じビジネスモデルですね。

「コレステロールが高いと脳梗塞や心筋梗塞になりやすくなる」と脅して、コレステロールを下げる薬を飲ませます。

しかし、「LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が高いと年間死亡率が低い」というデータもあります。

本当にコレステロールを下げる薬を飲む必要があると思いますか?

 

健康診断で無症状の人をむりやり病人にして、不安を煽って薬を出す。

インチキ宗教が、信者の将来の不安を煽って壺を売るのと何も変わらないですね。

やはり医学は科学よりも宗教や呪術に似てますね。

 

コレステロールは下げる必要ない

http://www.nishibori-seikei.com/blog/2015/02/post-479.html

赤ちゃんの手のヤケドはズイコウパッドでおくるみ

2023.04.15 カテゴリー|湿潤療法

1歳2ヶ月の県外在住の男の子

ストーブを触ってしまってヤケドしました。

近所の皮膚科で治療を受けましたが、よくならないため某大学病院に紹介されました。

その某大学病院で植皮手術が必要だと説明され、ネットでググって受傷後16日目に当院を受診しました。

初診時の画像です。手のひらと人差し指に3度の熱傷を認めました。

深いヤケドだけど植皮しなくても治ること、皮線にかかる深いヤケドなので瘢痕拘縮が起きて親指の動きが悪くなり将来的に手術が必要になるかもしれないこと、その場合は信頼できる医師に紹介することを説明しました。

私は、赤ちゃんの手のヤケドはズイコウパッドでおくるみをして治療しています。

下の写真のようにズイコウパッドでゆるめに手のひらを包みます。

ゆるめに包む理由はおくるみの中で指を自由に動かしてもらうためです。

指を自由に動かすことで瘢痕拘縮を予防できます。

ズイコウパッドでおくるみをしたら、ベネルーク(粘着性ガーゼ包帯)で補強して、その上にアンパンマンの似顔絵を描いてあげます。

アンパンマンを描いて上げると、子供も喜びますが、お母さんも喜んでそして安心してくれます。

ちなみに赤ちゃんから見てアンパンマンが正面に見えるように、こちらから逆さまに描いています。

今のところ逆さまにかけるのはアンパンマンだけです。そのうちドキンちゃんやバイキンマンもかけるようになりたいです。

翌日、創の状態と赤ちゃんと両親の精神状態を観察して、処置を自宅でやってもらっても大丈夫だと判断したので、やり方を教えて材料を渡して自宅で処置してもらい5日に1回くらい通院してもらいました。

治療を開始して2週間でほぼ上皮化しました。

下の写真は受傷3ヶ月後です。

瘢痕拘縮もなくきれいに上皮化しました。

もうどこがヤケドしていたかわからないくらいです。

うまく治ってよかったです。

槌指変形(骨性マレットフィンガー)の保存的治療

2023.03.31 カテゴリー|骨折・捻挫の治療

40代の男性

子供とドッジボールをしていて、ボールが指に当たり受傷しました。

翌日、当院を受診しました。

レントゲン写真で槌指変形(骨性マレットフィンガー)を認めました。

末節骨の基部が折れていることがわかると思います。

このタイプの骨折の場合、骨片が伸筋腱の力でどんどんズレてしまい骨癒合が得られないため手術が必要と言われています。

私も昔は手術をしていました。

http://www.nishibori-seikei.com/blog/2012/09/post-74.html

最近はよほど転位がひどい場合を除いて保存的に治療しています。

プライトンで下の写真のように外固定します。

外固定開始1週間後レントゲンです。

骨片同士が接触していて、関節面の段差もほとんどないため、このまま保存的に治療することにしました。

 

5週間外固定をして、外固定を外してから2週間後のレントゲンです。

骨癒合が得られました。関節面の段差もほとんどありません。痛みも残りませんでした。

 

今でも多くの整形外科医が、指の骨折に対してアルフェンスシーネという、手で簡単に曲げられるアルミの板にスポンジがついたシーネ材を使用しています。

アルフェンスシーネは、簡単に曲げたり伸ばしたり出来るので。誰でも外固定ができるという長所がありますが、緩みやすく固定性が弱いという短所があります。あとがさばるので邪魔になります。見た目も格好悪いです。

一方、プライトンは、熱湯で温めて柔らかくしてお湯を拭き取ってから素早く適切な形に加工しなければいけないという短所がありますが、固定性が強く、がさばらず、見た目もかっこいいという長所があります。

 

アルフェンスシーネでは、固定性が弱く槌指変形(骨性マレットフィンガー)を保存的に治療することが困難でしたが、プライトンなら可能です。

 

プライトンのような、すごく使いやすくて固定性もよくて軽くて邪魔にならない熱可塑性キャスト材があるのに、指の骨折に対して、いまだにアルフェンスシーネを使っている整形外科医がたくさんいて驚くよ。

 

 

 

笠間の太田皮膚科も日曜日やってますよ。

2023.03.31 カテゴリー|その他の治療について, ビオチン療法, 湿潤療法

日曜日にやっている皮膚科をググって当院を受診する患者さんがいますが、私は皮膚科に関しては専門ではないし、液体窒素もないし、レザー治療機もないので、たいしたことが出来ません。

正直、ビオチン療法をやるためだけに皮膚科を標榜してます。ちなみに形成外科は湿潤療法をやるためです。

日曜日の外来は駐車場も待合室の椅子もなくなるほどの激混みなので、1時間以上待った患者さんに「それうちでは診れないから、皮膚科専門の先生に診てもらった方がいいよ。」と説明することは、本当に申し訳ないです。

 

笠間市笠間に太田皮膚科という皮膚科専門のクリニックがあり、日曜日も9:30~12:00まで診療してます。

普通の皮膚疾患、湿疹や水虫や疣などは、私なんかより太田先生に診てもらった方が絶対にいいです。

スリキズ、キリキズ、ヤケドなどで湿潤療法を希望する患者さんや、掌蹠膿疱症でビオチン療法を希望する患者さんは当院を受診してください。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ