HOME > 院長BLOG > トリガーポイント注射

院長BLOG

慢性痛はちょっとしたきっかけで良くなることがあるよ

2021.12.13 カテゴリー|トリガーポイント注射

60代の女性

1年くらい前から、腰から臀部からふくらはぎにかけての痛みにたいして週1回トリガーポイント注射を行っていた患者さんのお話です。

痛みがなかなか取れないためいつも暗い表情で診察室に入ってきていました。

ところが先月中旬くらいから急に注射に通わなくなりました。

 

先日、半月ぶりに受診されました。

「久しぶりですね。」と声をかけたら、

「急に痛みが楽になったから様子をみていた。」と別人のような晴れやかな表情で答えてくれました。

肌つやも良くなって、10歳くらい若返ったように見えました。

「何か良くなるきっかけがありましたか?」と聞いたら、

「特にありませんが、しいて言うなら、息子が九州から帰ってくることが決まったことかしら。」と嬉しそうに答えてくれました。

「きっとそれがきっかけですね。俺がどんなに頑張っても息子さんにはかなわないね。」

「でも私、息子が近くにいなくてさみしいとか感じてなかったんですけどね。」

「深層心理の奥の方にある感情は自分でもわからないですからね。何がきっかけでも良くなればいいんです。よかった。よかった。」

 

アメリカのジョン・サーノ博士は「抑圧され深層心理に押し込められた怒りが腰痛の原因だ。」と著書に書いています。 参考「サーノ博士のヒーリングバックペイン」

「抑圧された怒り」といわれてもピンとこないと思いますが、要するに慢性痛は心因性のストレスと密接に関係していると言うことです。

逆に言えば、慢性痛はちょっとしたきっかけで心因性のストレスがなくなり良くなることがあるということです。

あきらめず前を向いて治療を続けましょう。

呆けたら痛みも忘れちゃう

2021.12.13 カテゴリー|トリガーポイント注射

先日、患者さんに聞いた話

「うちのばあちゃんは、あんなに膝や腰を痛がっていたのに、呆けちゃったら全然痛がらなくなった。呆けたら痛みも忘れちゃうんだよ。」

 

それを聞いて、そういえばひどい認知症の患者さんにトリガーポイント注射を打ったことが一度もないことに気がつきました。

認知症の患者さんの痛みを診ることはありますが、骨折だったり関節炎だったりの急性痛だけです。

 

認知症になったからといって痛みが消えたわけではないはずです。

痛みはあるのですが、すぐに忘れちゃうので、痛みでくよくよ悩むことがないのです。

 

慢性痛は痛みの悪循環が原因です。

痛みがあると不安になる。

不安になると神経が過敏になる。

神経が過敏になると痛みがよけいに強く感じる。

痛みがよけいに強くなるとさらに不安になる。

永遠に繰り返し

 

「認知症の患者さんのように痛みをすぐに忘れなさい」といわれても難しいことはわかっています。

ただ必要以上に不安にならないでください。

慢性痛のほとんどは筋肉に出来たトリガーポイントが原因です。

トリガーポイント注射でほとんどの人が良くなります。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ