HOME > 院長BLOG

院長BLOG

1  2  3  4  5

湿潤療法の北関東の守護神です

2020.11.17 カテゴリー|湿潤療法

 4歳の女の子

 お父さんがドーナッツを揚げていた油がはねて顔にヤケドしました。

 近所のクリニックを受診してゲンタシン軟膏を処方されましたが、心配なので2日後に東京の「なついキズとやけどのクリニック」を受診しました。ハイドロコロイドによる治療を受け、当院に紹介状を書いてもらいました。

 受傷から8日後に当院を受診しました。そのときの画像です。

22325a.jpg

 やけどは上皮化していて、ハイドロコロイドによるテープかぶれが起きていたので、キンダベート軟膏を処方しました。

 その旨をメールで夏井先生に報告したところ以下のような返事をいただきました。

ご報告,ありがとうございます。
今後も「湿潤療法の北関東の守護神」としてよろしくお願いします。
 
 1週間後の画像です。
22325b.jpg
 やけどもテープかぶれもきれいになりました。
 後はマスクと日焼け止めで遮光してもらうように指導しました。
 
 「湿潤療法の北関東の守護神」だなんて照れますね。
 キャプテン翼のSGGK(スーパーグレートゴールキーパー)若林源三みたいで超格好いい。
 その名に恥じぬよう精進してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
 

ファイザー社のコロナワクチンの本当の予防効果は0.3%

2020.11.16 カテゴリー|その他

 今朝の夏井先生のウェブサイトに面白い記事が載っていたのでご紹介いたします。


 名古屋市の徳先生の記事です。
 『数字のマジック』2020年11月10日のNHKニュース:
 ファイザー 新型コロナ ワクチン「90%超の予防効果」と発表。
 アメリカの製薬大手「ファイザー」は、開発中の新型コロナウイルスの臨床試験について、「90%を超える予防効果がある」とする結果を発表しました。この90%という数字に驚かれた読者も多かったことと思います。
 
 そこで原文を読んでみました。総被験者(43,538人)のうち94名のコロナ感染者を確認し, この94名の感染者を検討したところ、ワクチン接種で90%の予防効果があったと結論しています。
 この研究結果は、総被験者(43,538人)を21,769人ずつ2つのグループに分け、ワクチンを接種しなかったグループでは85名のコロナ感染者が確認されたのが、ワクチンを接種したグループでは感染者が9名に抑えられていたとの結果から89.4%(9/85x100=10.6%:100%-10.6%=89.4%)という予防効果が算出されているようです。
 
 一方で、非感染者数は、ワクチンを接種したグループでは21,760人(21,769-9=21,760)ワクチンを接種しなかったグループでは21,684人(21,769-85=21,684)です。すなわち、ワクチンを接種したグループでは99.9%(21,760/21,769=0.999)が、ワクチンを接種しなかったグループでは99.6%(21,684/21,769=0.996)がコロナに感染しなかったことになります。
 従って、ワクチンを接種したグループと接種しなかったグループとの差は0.3%(99.9-99.6=0.3)となり、ワクチンを接種すると、感染するリスクが0.3%減少するということになります。
 もっと簡単に言いますと、ワクチンを打っても打たなくて、感染しない確率は99.5%以上だということです。

 ワクチンを打っても、その恩恵が受けられるのは1000人中たったの3人ということです。

 ちなみにこの臨床試験は人口あたりの感染者が日本の100倍いるアメリカ合衆国で行われています。

 ということは、日本でワクチンの恩恵を受けられるのは単純計算で10万人に3人ということになります。

 この記事にはありませんが、ワクチンを受けた人の半分に風邪症状のような副作用が出るそうです。

 日本人全員1億2千万人にワクチンを打っても、恩恵が受けられるのはたったの3600人。

 副作用は6,000万人にでて、もしもそのうちの0.01%に死亡者が出た場合、ワクチンで亡くなる人は6000人です。

 そもそもこのワクチンは氷点下70度で保存しなければいけません。どうやって運搬保存するつもりなのでしょう。

 普通に考えて無理じゃね。

 

 こんな効果も薄く、実現性も低いワクチンに何千億円も予算を使うなら、少子化対策にもっと予算を使って欲しいです。

 コロナ騒ぎのせい妊娠を控える夫婦増えて今年の出生数は10万人くらい減る見込みです。

 コロナウイルスで亡くなったのは1,900人の高齢者です。

 たった1,900人の余命幾ばくもない高齢者を守るために、これから日本を支えてくれる赤ちゃんが10万人も減ったんですよ。

 まじでやばくないですか、このままじゃ本当に日本が潰れますよ。

 

ネオビタカインの使用量が今年度上半期で全国8位でした

2020.11.13 カテゴリー|トリガーポイント注射

 当院はトリガーポイント注射にネオビタカイン注シリンジ5mLを使用しています。

 その使用量が、今年度の上半期で全国8位でした。

 これは、大学病院などのでっかい病院も含めての順位なので、田舎の開業医としてはなかなかすごいことだと思います。

 それだけたくさんトリガーポイント注射をしているということです。

 ゴルフだってなんだって、時々やる人よりたくさんやっている人の方が上手ですよね。

 そんなわけでトリガーポイント注射には自信があります。

青なじみ(青あざ)は移動しますよ

2020.11.12 カテゴリー|医療に関する迷信

 前回に続いて青なじみの話です。

 例えば、膝をぶつけた場合、足首の方まで青なじみが広がることがあります。

 肩を骨折した場合、青なじみが肘や手首の方まで広がります。

 これは、内出血した血液が重力にひっぱられて皮下脂肪の中を移動しただけなので、なんの心配いりません。

 もちろん、湿布を貼っても意味はありません。

 内出血がひどいと浮腫が伴うことがあります。

 その場合は、指や手首や足首の関節をどんどん動かせば、筋肉のポンプ作用で血液の流れが良くなって浮腫が改善します。

 

 子供がおでこをぶつけてタンコブができると、そこから内出血が広がって目のまわりがパンダみたいに青なじみになることがあります。

 この場合も自然に消えるので、湿布を貼ったりしないでください。

 隠すために眼帯なんかすると、小さい子はそれだけで視力が低下することがあるので絶対にやらないでください。

 

 青なじみは移動しますよ。怪我したところ以外に青なじみが広がっても心配しないでくださいね。

青なじみ(青あざ)に湿布を貼っても意味ないよ

2020.11.10 カテゴリー|医療に関する迷信

 青なじみとは茨城弁で内出血による青あざのことを言います。

 「青なじみがあるから湿布が欲しい。」と求めてくる患者さんがたくさんいますが、青なじみに湿布を貼っても意味ないよ。

 いったん皮下組織に広がった血液は、自然と吸収されるのをまつ以外消す方法はありません。通常1~2週間で消えます。どんなにひどい内出血でも跡が残ることはありません。

 外から湿布を貼っても何の役にも立ちません。医療費の無駄です。

 

 受傷直後に受傷部を氷などで冷やすことは、患部の腫れや内出血を防ぐ効果があります。

 この場合も氷などで物理的に冷やさなければ効果はなく、湿布や冷えピタでは全然意味がありません。

 

 湿布には腫れや青なじみを治す効果はありません。

 湿布はあくまで痛み止めです。痛くないところに貼っても意味はありません。

 

1  2  3  4  5

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ